月別アーカイブ: 2016年7月

オナニーとセックスではやはり維持力が違う?

男性であればやって当たり前の行為であるオナニー。
ですが、オナニーの時は勃起力がちゃんと持続するのにセックスになるとなかなか続かない……と悩まれる方実は結構多いなんて事を聞きます。
しかし、これは何故でしょうか?

どちらにしても性的欲求を奮い立たせる行為には違いありません。
生々しい話をしてしまいますが、使う場所は女性の膣か己の手或いは道具か……この違いでしょう。しかしコレ実はかなり簡単な事で、肉体的にも精神的にも異なるものなのです。
やはりセックスとなれば、男性は膣内で抽送を行うのでその分動くものですよね。
己の手で扱くのとは違い、運動もそれなりにあります。
それにセックスをするともなれば相手は生身の人間です。当然痛くないか辛くないか? 等と気を遣うものには違いありません。
そういった理由も絡んで、勃起力の持続力が異なると説かれています。

2016.07.更新3.13
なので「何で勃たなくなる! 不能か!」なんて自分を責めたりしないでくださいね。

アダルトビデオや成人向けAVGでは女性を穴のように扱う非人道的なモノもあるものですが……現実のセックスでこういった無慈悲な行為を行う人ってそうそう居ませんからね。相当性癖が相当拗れた女性で無ければ、これを許す人も居ないでしょう。
否や女性と言えば感情でセックスをするものなので、こういった行為を極度に嫌がるものに違いありません。無理な行為を行えば心的外傷を植え付ける恐れもあるものですし、そのまま不感症に……なんて、自体も考えられる話です。

そう考えると、”相手を思いやるからこそ仕方の無い事では?”と、感じるものでしょう。
ですが、”極度に中折れしてしまう”なんて場合はやはり対処も必要となるものには違いありません。また気を遣い過ぎて勃起力の持続が出来なくなってしまうなんて場合も多いのでなるべくリラックスしてセックスに望むといった方が良いのでは? と、考える事も出来ますね。この件においては、セックスとオナニー自体がそもそも全くもって別モノなので深く考えすぎない方が良いと言えますね。