月別アーカイブ: 2016年8月

彼女や嫁を誘うのって難しい?! 誘い文句色々

夜の情事に事を運ぶまで……これが結構難しいと感じる男性って結構多いようですね。
確かにいくら仲良し夫婦だとしても、誘いするのって難しいものではないでしょうか?
断られるかな~なんて、勇気が必要なものに違いないでしょう。
ですが、一つ吉報を男性にお伝えするのであれば「女性にだって性欲がある」という事実です。確かに体調面が優れないから今はしたくないという事もありますし、疲れ切っているから寝たい!それどころじゃない! なんて、場合があるものです。

ですが、そうでは無い場合……人間はいつだって発情出来るからこそ、そういった気分に誘導する事って案外難しい事ではありません。
そこでまず知っておきたい事と言えば、男性と女性の性に対する考え方の違いです。
男性と言えば、身体の作り的に「本能でセックスをする」ものですが、女性の場合「精神面(心)でセックスをする」といった傾向が強いです。
なので、この部分を汲み取ってあげる事が誘導においては大事な事では? と、考える事は容易い事ですよね。

2016.08.更新3.13
具体的な例を言ってしまうのであれば、最低条件は段階を踏んだ愛撫を行う事。
イチャイチャから甘い空気を与えて、キスに持っていき……この段階を踏んで行く事が大事だと言えます。

中には「無理矢理Hされるのが好きなの!」と拗れた人も居るものですがこの確率は極希です。否やこういった傾向のある人は割とオープンなものなので、事前に言うので問題は無いでしょう。寧ろ誘うのに苦労はしないものに違いありません。
そして、絶対に男性本位に事を運ばない事・セックスをしない事が最低条件だと言えますね。寧ろ男性本位のセックスをしてしまえば、「痛みが伴った」「トラウマになった」等で不感症に陥ってしまう事さえもあるので、この辺りの事には厳重注意が必要です。
相手を思いやってこその愛のあるセックス、そしてムード重視。この辺りをしっかり攻略出来れば、誘導は無理難題では無いと言えます。

それでも「したくない」という時は仕方ないですね。
やはりセックスは身体を動かすもので、女性側にも負担がかかるものなので、健康な状態でなければ、行為自体が難しいものです。
気長に待ち、時期を見定めて行為に誘導する事がベストではないでしょうか?